ご希望の地域を選択してください

Europe, Middle East, Africa

ご希望の地域を選択してください

Europe, Middle East, Africa

記事

店舗ロスプリベンション向上への5ステップ

August 06, 2018 によって書かれたSensormatic News Desk

シェア

ロスプリベンション(LP)チームが、店内で万引き犯に振り回されていたのは過去の話となりました。 今日では、テクノロジーが環境を変えました。 買物客は、オンラインで購入して店で受け取ったり、店舗から発送したり、場合によってはドアを出る際にタブレットで支払うことも可能といつた具合に、顧客には多くの購入オプションがあります。 こうした傾向はLPチームにとって挑戦です。 だからこそ、RFIDビデオアナリテイクス、そしてビッグデータが、シュリンク見極めのインサイトとして、LPにとって最高のツールとなりつつあるのです。 こうしたツールで小売業者が活用できるデータ量と品質は、今日の複雑な店舗環境において必要不可欠です。

シュリンクについての見方を深めることで店は、根本原因を突き止め、タイムリーな是正措置を講じ、特定のLP問題発生の繰り返しを防止する勧告を出すことができます。リアルタイム解析ダッシュボードと例外対応レポーティング、スマートシステム管理、モニタリングとアラート、サービス提供と指定のシュリンク管理で店は武装し、一方で会社資金を節約、かつデータ駆動型の決断を下せます。

それでは、LPプログラムが機能しているか否か、どう判断できるのでしょうか? 店内がどうなっているかを知ることから、すべてが始まります。

ステップ1: 土台構築 - データの収集

小売業者は、買物に入店してきた買物客のデータ収集からスタートします。 店員、ベンダー、買い物客の統計を絶えず集計しています。 時には、タイミングよく行動に移せるインサイトのデータになることがあります。

多くの場合、その情報はすでに利用できるものです。 それ以外に、小売店はデータがすでに存在していることに気づいていないこともあります。 ただ、有能で高評価のLPソリューションプロバイダは、どのように見出すのかを具体的に知っているのか普通です。 時々、必要なデータをコンパイルするには多少時間と努力が必要ですが、継続的な社内LPチームとITリソースの協力と連帯が成功への土台を築く上で不可欠です。

ステップ2: 重要業績評価指標の作成 - 測定方法の決定

過去数年、小売店はシュリンク撲滅の体系的な手法として、重要業績評価指標 (KPI) の作成・追跡・測定を開始しています。 ステップ1で収集したデータを解析することで、社内LPチームとLPソリューションプロバイダは、店で発生するシュリンクの現況を深く把握できます。 そこから、未来に向けた具体的な目標、すなわち測定可能なKPIの輪郭を浮き彫りにできます。

組織にとって最も効果あるKPIは、将来においてLPの新たな課題特定に必要な時間を短縮できることです。 店は極めて大量のKPIリストを手にするものの、大方のLP解析エキスパートは初期段階においては、トップの7~8項目にのみ集中するよう勧告してきます。

ステップ3: 傾向の把握とインサイトの作成 - それが意味するところの把握

小売店は役立つビジネスインテリジェント (B)) ツールで、優れたLP傾向の把握とインサイトの評価ができます。 BIツールで共通する最初の用途の一つは、コンパイルした大量データの生成の活用で、これは全体の把握に店員が自力で評価する必要があります。 BIシステム本来のポテンシャルを最適化することで、小売店はシュリンクの根本原因の特定と行動に移せる推奨戦略を作成し、時間と費用を削減できます。 小売店は将来のシュリンクイベントを正確に予測できるだけではなく、シュリンク関連ソリューションの成功率の追跡で、効果的に予防対策を講じることができます。

統計、測定、対応が大量の報告書を作成する代わりに、小売店はテクノロジーの活用により、扱いが簡単でカスタマイズした、関連測定とインサイトが可能なダッシュボードを構築できます。 ダッシュボードは意義ある情報をまとめ、複数ある小売店の拠点、部門、製品の傾向を浮き彫りにし、店で何が起きているかについて明確に伝えてくれます。 本データと行動に移せるインサイトはリアルタイムで活用でき、シュリンク撲滅と管理に役立ちます。

ステップ4: 予想シュリンク - 事前対策の実施

保護アナリテイクステクノロジーの活用で、小売業者は複数にわたる店舗の関連を把握し、一方で過去のシュリンクイベントと相互に結びつけることができます。 予測データ解析で、今までよりも迅速かつ正確に将来を“予測”できます。

断片的な関連性とパターンの見極めに予測アナリテイクスを利用できることから、店員の重複配置、売上品の返却率、保有在庫の数量調整、特定場所で従事する店舗の店員スケジュールの特定データで、疑問を呈するような行動を警告できます。 パターンと関連性の結果に基づき、今後のシュリンクイベントと結果を予測するにあたり、いつでも数えきれない計算と想定シナリオについて解釈・検討することができます。

ステップ5: 最新テクノロジーの活用 - ソリューションの簡素化

“サービスとして”のソリューションモデル用クラウドプラットフォーム機能とオプションに頼ることで、店舗環境をシンプルにし、シュリンクの予防管理に不可欠な保護と予防のインサイトを深めます。 クラウド対応ソリューションによるシンプルなインフラで、ITの複雑性とコストを下げることができ、“サービスとして”のソフトで、いつでもどこでもアクセスとコラボが可能です。 (多くの場合、半年以上がかかり、店員の努力と時間の面で莫大な投資となる)シュリンク問題の特定と解決に、有名な“シュリンクサイクル”の代わりに、今日の小売店は問題解決にタイムリーで戦略的なデータ駆動型の決定を下せます。今日の小売店は一日中多くを語り合うことで、損失を最小限にして売り上げを最大にする方法についての情報を共有します。 小売店に必要のは耳を傾けることです。

サービス (SMaaS) としてのシュリンク管理詳細 ここ

シェア

関連トピックを探す

トラフィックインサイトの詳細

お問い合わせ先

記事、インサイト、最新ニュースで一歩先んじましょう。

詳細
モールの廊下を歩く人々
retail shrink analytics
記事 ロスプリベンション
ロスプリベンションに革命をもたらすアナリテイクス
default author icon

Sensormatic News Desk