ご希望の地域を選択してください

Europe, Middle East, Africa

ご希望の地域を選択してください

Europe, Middle East, Africa

記事

ロスプリベンションのホリデープレップ、リスト作成、二回チェック!

September 24, 2018 によって書かれたスタッフ著、

シェア

連休が近づくにつれ、顧客は鼻歌交じりの休暇モードに入ります。 店によっては、連休が終わると直ちにプレップが始まるようです。 安全かつ収益の出る季節の計画にする際、為すべきことが多々あります。 一年全体に影響を及ぼしかねない損失が休暇中に発生することから、成功のカギは、連休中の適切な臨時スタッフの雇用、そして余裕を持った事前研修にあります。ホリデープレップリストのトップに、ロスプリベンション(LP)をトップに持っていくことが必要な所以です。

そうしたLP事情から、店員にとって多忙な連休中は大変なことになりそうです。 連休中のシュリンクは、とてつもない大量の商品が複数のチャンネルやタッチポイントを介して購入されたり、店が連休の買物客でごった返ししたりするなど、今までに体験したことのない、さまざまな困難に直面するおそれがあります。 実際、10連休だった2018年の連休は、連休の総トラフィックの45%近くを占めたことが、 ShopperTrak

店にとって最大の資産の一つが店員です。 彼らはブランド最高の顔としての大きな役割を果たしつつ、一方で店内の損失防止に貢献しています。 きちんとした研修を受け、心構えができていて、連休中に増える客足の流れの対応方法を知っている店員がいれば、大抵の場合はコンバージョンを高め、最も肝心なものの安全ガードとなります。

次の 2018 Sensormatic Global Shrink Index, に基づけば、昨年は世界で1000億ドル近い小売業界のシュリンクコストで、損失の多くは多忙な連休中に起きています。 その他に判明したことは、組織犯罪(ORC)を含む外部からの盗難や不正は、世界で最多のシュリンクで、シュリンク全体の三分の一を占めています。 本データは、一年で最も重要な時期において、店員が最高の資産となる背景を浮き彫りにしています。

以下に示すLP重要エリアの10項目のチェックリストで、店主と店員は連休への充分な心構えができることでしょう。

  • 説明すべき ことは、連休中の金銭的な報酬と、それが店全体の収益に及ぼす影響です
  • 研修すべき ことは、全店員を対象にした連休中の特定方針および手順であり、それにより特定の状況を把握し対処していく方法を伝えることです
  • 訓練すべき ことは、店員が盗難に気づくテクニックであり、例として次のようなものがあります。万引きを捕まえた時は小売店の方針に準拠する、盗難が発生していないか試着室の定期的なチェックと片付けを行う、POSレジでの精算時に商品を隠しているかもしれない包装すべてを点検するなど
  • 通知すべき ことは、従事する店員が連休中に体験することの多い作業であり、たとえばギフトカードの処理、特別値引き、その他があります。そして、店員が以上の処理の進め方を理解しているか確認してください
  • 確認すべき ことは、買い物と受け取り手順すべてであり、店員はシュリンクが発生しやすく高いものにつきかねない、隅っこなどを見逃さないようにします
  • 提供すべき ものは、優れたカスタマーサービスであり、それにより売上を伸ばし、盗難から店を守ります
  • 指導すべき ことは、店員が極力販売フロアにいることであり、積極的なカスタマーエンゲージメント(顧客応対)こそが、最高の万引き防止となります
  • 注力すべきことは、笑みを絶やさず相手の目を見つめての買物客への声かけです。買物客は声をかけてもらうを喜びますが、万引き犯はそうではありません。
  • 考えるべきは方法、すなわち店の最大の資産である店員を守る方法です。店を閉じた後、店員は二人でペアを組んで車へ向かって歩いたり、現金の取り扱い時の安全対策に一定の対策を講じるといったことです。
  • 保護すべき ものは、内引きから店舗資産を守ることです 連休中に臨時雇用した大勢の店員がいると、処理エラーの恐れが高まったり、内引きの発生が高まるおそれがあり、それこそが新規に雇用した店員に対して、きちんとした研修を行うべき所以です。POSモニタリングを増やしたり、店員が仕事を終えて帰る時、無作為に,持ち物をチェックしたりするのが賢明でしょう。

次の Deloitte 2017年度小売業界連休時アンケートに基づけば、ショッピングシーズンは年間米国小売業界販売の1兆ドルを超えます。 一般家庭の家計が上向いたことで、連休中に予想される出費は右肩上がりでしょう。 衣類やギフトカードは、贈り物のトップに入ります。 家電製品やゲーム&玩具は人気が高まってきており、豪華商品が売れつつあります。 今年のギフトについては、買い物客、そして犯罪者も、多少は心待ちしていることでしょう。 いま、小売店がやるべきことは、LPプレップチェックリスト(二回チェックのこと!)の作成です。それにより、連休中の収益を出すため、店員は買物客に応対し、ロスプリベンションの維持に集中することができます。

 

シェア

関連トピックを探す

ロスプリベンションの詳細

問い合わせ先

記事、インサイト、最新ニュースで一歩先んじましょう。

詳細
小売店のレイアウト上のデジタルグラフィック
記事 ロスプリベンション
ロスプリベンション新機軸の将来
default author icon

スタッフ著、

衣料品ラックの前にタブレットを調べる女性の小売アソシエート
記事 ロスプリベンション
店舗ロスプリベンション向上への5ステップ
default author icon

Sensormatic News Desk