ご希望の地域を選択してください

Europe, Middle East, Africa

ご希望の地域を選択してください

Europe, Middle East, Africa

記事

ロスプリベンション新機軸の将来

August 13, 2018 によって書かれたスタッフ著、

シェア

弊社が語り合ってきたことは、 LPに革命を起こすアナリテイクス および 永久にLPを変えたデータであることから、ロスプリベンション(LP)アナリテイクスという新機軸が、店舗の日常操業と最終利益に及ぼす強烈な影響について、考察したいと思います。

この新しいロスプリベンションの世界で、小売業者は店員配置の最適化が可能となるので、店員は買物客との対応に充分な時間を割くことができ、ショッパーエンゲージメントも向上します。 良質なカスタマーサービスの提供こそ、今日のように競争が激化し、変化していく市場で売上を伸ばす要です。 他よりも優位に立ち差別化していくには、複数チャンネルのデータから貴重なインサイトを得て活用することが、小売店にとって必要となります。 顧客は便利なスマートフォンやタブレットで、オンラインや店で品定めを行い、見て回り、買い物をすることができます。 オールウェイズオン、オールウェイズオープン(24時間営業)という、小売業界の止むことのない操業は、一塊となったデータの宝庫をもたらします。

テクノロジーは知識をパワーに変えます。 様々な情報源のデータパワーを活用することで、小売店は顧客の考えを深く知るだけではなく、市場を把握し、損失のおそれがあるエリアに気づくことができます。 こうしたインサイトを組み合わせることで、小売店は予測的で有効なアナリテイクスによる対応措置という、データ駆動型の事業決定を下すことができます。 予測アナリテイクスで小売店は、買い物客の行動を洞察し、ニーズや好みに焦点を当て、問題となる行動を防止するのに役立てることができます。 たとえば、カスタマージャーニーを一層正確に把握し、組織犯罪(ORC)による盗みの兆候に事前対応でき、根本原因と損失の防止方法を含め、業務決断がシュリンクにもたらす影響を理解できます。

ストアインサイトの安定した躍動

小売店によっては、買い物客が回転ドアを出入りする、一連の様子を把握できるという恩恵に浴します。 これはロスプリベンション、すなわちフォイル裏地のバッグを持った万引き犯や組織犯罪集団の特定という、困難を伴う仕事における大きなチャレンジです。 ORCイベント、時には地域別の買い物客データへの観察力を高めてくれるので、一層洞察に満ちたロスプリベンション対策となります。 たとえば、小売店がORCデータマップを持っていたとすれば、ORC行為が起こりそうな特定エリアを特定し、似たような店舗とグループと一団となることができます。 こうしたインサイトは、地理的に同エリアのORC発生を低減できるので、予防上の決断というアナリテイクスで販売店を強化します。 (回答のあった10店舗中、9店舗がORCの被害に遭っており、これは全米小売業協会の 2017年度年間組織犯罪調査に基づく) トップに来るロスイベントから、地元、地域、国家競争で一歩先を先んじ、一方で抱える在庫を守っていくため、将来に備えインサイトで小売店は取り組むべきです。

ロスプリベンションを把握するだけではなく、トラフィックと在庫のインサイトで、小売店がシュリンク全体にインサイトを当てはめることで解析に役立つ、複数のデータソースが可能な一基のダッシュボードを、所有している強味を想像してみてください。 アウトウエアやフットウェアといった高価で盗難の可能性が高い季節商品の需要を予測する、天候といった外部データソース、および返品、交換、払い戻し、さらには販売エラーや損失トレンドに影響しているものは何かといった、原因についてインサイトを深める、店員の販売トランザクションといった店内ソースからのロスプリベンションのインサイト写真。 こうして収集したもので販売店は、事業にシュリンクが及ぼす潜在的な影響について一つの見方を得られます。

販売と市場の実態を組み合わせた買物客の行動データを活用することで、小売店は店内で発生するすべてを一層正確に把握するインサイトを得られます。 本ダッシュボードは、小売事業をカスタマイズした新データを表示、これは同じバーティカルマーケットの他のデータに対するベンチマークとなり、全体的に新レベルの予測的かつ予防的な操業となります。 小売業者は採用したフィルターに基づいて、アラーム率傾向を解析できるようになり、金属フォイルや妨害検知アラームといった、アラーム発生内容の概要を知ることができます。 さらに、店内トラフィックがアラーム作動品質に及ぼす影響も知ることができます。 これは異常な傾向を浮き彫りにするのに役立つもので、たとえば鳴る回数の多いアラームなのに、店内トラフィックは極めて低いとかいった点です。 ほぼリアルタイムで異常パターンを解析し、問題の発生源を突き止められるので、店は損失管理を向上させ、競争力を維持できます。

詳細報告を表示するダッシュボードは、店の現実を浮き彫りにしてくれます。 特定パラメーターに基づき、ロスイベントの金瀬を割り当てるといった行動に移せるデータは、生産性と収益性でメリットです。 バラバラだったシステムのデータを統合して一つのデータベースにすることで、小売業者は一ヶ所でインサイトを得られるだけではなく、一層効果の上がるデータ駆動型の決断、究極的に店舗実績向上を実現する、ロスプリベンションの戦略の調整ができます。

ある程度の違いがあっても気にせずに、重要なインフラ、研修、テクノロジーへの投資ができます。 そうしたデータを持ち、その準備と予測を行うことができる能力を持つ小売店は、一歩先を行く優れた在庫で買物客の忠誠を高め、シュリンクを減少させ、今まで以上に楽しいショッパーエクスペリエンスを与えられます。

将来のリモート能力

小売業が“オールウェイズオン、オールウェイズオープン”になるにつれ、店の営業時間と営業時間外の仕事が増えていきます。 時間延長は店員が、長く遅くまで働かなければならないので出費追加となります。 “リモートで”操作により、今までにない意義と魅力が生じるのは、テクノロジーで販売店は販売フロア面積が少なくて済み、その上、時間短縮と費用節約になるからです。 小売店の戦略にとって重要なのは、リモート性能を採り入れたことによるトラジェクトリ(軌跡)との一致です。リモート監視の優位性を先取りし、技術的ソリューションの健全状態を管理することで、店員は最も大切な買物客に集中できるようになります。

何かを修理したりシステムが正常に機能しているかチェックしたりするのに、IT技術者が店に行かなければならなかったというのは、過去の話となりました。 リモート診断センターで店は、独自のダッシュボードに完全接続して調整することで、いつ、どこでもオペレーターは一層の効率性と対応が可能です。 診断、修正、チェック、アラートへ簡単にアクセスできるので、接続したEAS装置、ファームウェア更新、サービススケジューリングの24/7(24時間年中無休)予防モニタリングが可能です。 これこそが予防管理と予測判断の方法であり、そのメリットを店は最大限に引き出せます。

接続ロスプリベンションエクスペリエンス

改善し価格も手ごろなテクノロジープラットフォームに、接続した機器と連動させたデータの普及、そして共通基準の採用により、はじめて業界全体にわたってloTテクノロジーが日の目を見るようになります。 将来的に成功するのは、データの接続・回収・処理を行い、店舗操業に反映させるインサイトを獲得した小売店でしょう。

ロスプリベンションの将来は明るく、ベンチマークとサードパーティのデータと一体化した、ほぼリアルタイムのダッシュボードの時代が始まったばかりです。 サービス(SMaaS)として提供するTyco Retail Solutionsの新シュリンク管理で、店は将来目標を念頭にシュリンクを管理し、潜在的な根本原因に取り組むことができます。 この新しいクラウド対応型サービスは、シュリンク対策の予測アナリテイクスと売上増を目指すリモート機器管理、および店員配置の最適化を可能にします。


サービス (SMaaS) 提供としてのシュリンク管理の詳細 ここ

 

シェア

関連トピックを探す

トラフィックインサイトの詳細

お問い合わせ先

記事、インサイト、最新ニュースで一歩先んじましょう。

詳細
retail shrink analytics
記事 ロスプリベンション
ロスプリベンションに革命をもたらすアナリテイクス
default author icon

Sensormatic News Desk

モールの廊下を歩く人々